冬だけ生理が遅れるのはナゼ?生理前にできる対策を紹介

生理の遅れ

生理前の症状は人それぞれですが、女性ホルモンというのは非常にデリケートで、ちょっとしたことで生理が遅れることもあります。中でも冬にだけ生理が遅れるという人もいらっしゃいます。

一体なぜ冬は生理が遅れがちになってしまうのでしょうか?気になる女性の悩みを解決しちゃいましょう!


スポンサーリンク


冬に生理が遅れる理由は?

女性 寒い

冬だけ生理が遅れるという人は意外と多いですが、「病院に行くほどでもない」「私だけかもしれない」とそのまま放置していることが多いようです。でも生理が遅れるには何らかの理由があるんですよ。

そもそも生理が遅れるというのはホルモンバランスの乱れによります。では冬になると遅れる原因ですが、直接的なものとして「冷え」があります。

冬になると気温が下がり、体も冷えます。冷え性ではないという人も内臓は冷えていることはよくあります。その冷えが子宮や卵巣といった器官に及ぶと機能が低下します。

他にも「生理の遅れはないけど、冬は生理痛が酷くなる」という人も冷えが原因かもしれません。酷くなると女性疾病や不妊の原因になることもあるので、放置するのは少し危険です。

スポンサーリンク

生理前にできるケア6選

女性 お腹に手を当てる

生理が遅れる、生理痛が酷くなるという人は事前のケアをしっかりしてあげてください。今からでもいいので対策をしっかり行い、正しい生理リズムに戻してあげましょう。

★温める★
女性にとって冷えは大敵です。子宮を温めることが重要です。腹巻やカイロ、シャツを多く着るなどとにかく冷やさないことが肝心です。特にお腹周りは温めてください。お腹を触ったときに冷たいと感じるなら冷えています。
★締め付けない★
生理前から体を締め付ける洋服は控えましょう。スキニーパンツなど下半身を締め付ける衣類は血流が悪くなります。なるべくゆったりしものや、ストレッチが効いているものを着用してください。
★規則正しい生活リズム★
夜更かしは血流が悪くなる原因になります。血流が悪くなると生理痛や遅れに繋がります。早寝早起きをして生活リズムを調えましょう。体を温めるために半身浴などもオススメですよ。
★体の中から温める★
温かい飲み物、スープを飲むようにし、体の中から温めてください。外食が続くようなら温かいお味噌汁をプラスするなどするといいですよ。しょうがなどを紅茶に入れて飲むのもオススメ。
★鎮痛剤は控える★
薬には体を冷やす作用があるものが多く、鎮痛剤を常用することで生理が遅れることがあります。どうしてもという時以外はなるべく飲むのは控えておきましょう。
★カフェインは控える★
カフェインというのは血管を収縮させます。収縮すると体が冷え、生理にも影響を及ぼすことがあります。飲みすぎには注意してください。

血行促進のストレッチ方法

女性 ストレッチ

冷え対策は他にもあります。それはストレッチです。

骨盤内の血流が悪くなると子宮や卵巣に影響し、生理痛や遅れに繋がります。この骨盤内の血流を良くすることがとても大切なんですよ。

そこで軽い運動やストレッチはおすすめ!とっても簡単なストレッチがあるので、ぜひ試してみてください。

【簡単ストレッチ】

  1. まず、足の付け根の上辺りの卵巣付近に手を当てます。
  2. そして卵巣が呼吸と同じタイミングで膨らんだりしぼんだりするようなイメージで、ゆっくりと呼吸を繰り返します。たったこれだけ!これだけでお腹が温かくなるんですよ。

お腹が温かくなることで骨盤内の血流も良くなり、生理痛などの緩和に繋がります。長時間座りっぱなしなどで血流が悪くなっているときこそ試してみてください。

スポンサーリンク

血行を良くする食べ物も大事!

食事をする女性

生理前~生理中は血行が良くなる食べ物も積極的に摂取しましょう。代表的なものを紹介するので、参考にしてみてくださいね。

【鉄分】
鉄分を多く含む食品は、パセリや青のり、しじみ、納豆、レバーなどです。これらをタンパク質やビタミンCと一緒に摂取するのがとっても効率的です。
【ビタミンE】
ビタミンEは血管を広げて血流をUPさせる効果があります。冷え性にも効果的なのでぜひ意識して摂取しましょう。
主な食材はカボチャやアボカド、アーモンドなどに多く含まれます。
【イソフラボン】
大豆や小豆などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので生理前は積極的に摂りたいですね。血液の浄化も促し、生理痛を楽にしてくれます。黒糖などで甘く煮てもいいですえん。黒糖ならミネラルも一緒に摂取出来ますよ。
【アルギニン】
アルギニンはごぼうに多く含まれる栄養素です。女性の生殖器の機能や働きをUP&スムーズにする作用があります。食物繊維も豊富なので、生理前の便秘解消にもなりそうですね。
【ゴマ】
ゴマには造血作用、浄化作用といった血液に関係する働きが多くあります。生理中は血液が不足し、貧血になることもありますのでゴマはオススメですよ。

他にも大根も良いそうです。大根は女性疾病などに効果があるとされているので、味噌汁や煮物などにして食べたいですね。

逆に辛いものは避けるようにしましょう。スパイスや唐辛子などは体を温めるイメージがありますが、逆です。汗をかいて体を冷やすのが香辛料です。なので生理前~生理中は控えておくほうが良さそうです。

あまりにもひどい時は病院へ

女性 診察

生理が遅れる、生理痛が酷いなど症状が悪化しているようなら病院を受診しましょう。

冷えが原因ではない可能性もあります。例えば【子宮内膜症】や【子宮筋腫】といった病気の場合も。そのままにしておくと症状が悪化し、不妊や手術といったことも有り得ます。

「少しいつもと違うな…」「なんだか今月はいつもより痛みが酷いかも…」そんなちょっとしたことでも異変を感じたら、病院へ行くことをおすすめします。

治療によって改善することもあります。長引く程、体には良くありません。ほんの少し勇気を出してみてください。

婦人科って何となく敷居が高いというか、普通の診察とは違う何かがありますよね。出産経験がない場合はなおさらです。ですが万が一、病気の場合は「早期治療」が大切です。

いつもの生理痛、生理の遅れと放置せず、一度きちんと診察してもらいましょう。PMSの場合でも治療法がありますので、一人で悩まないことです。

スポンサーリンク




『nunonaの布ナプキン』

冷え性や生理痛でお悩みの方・妊活中や妊娠中~産後の方など全ての女性が大満足!