【生理痛】冷や汗や下痢の原因は?対処法まとめ

生理痛 冷や汗

女性にとって毎月の生理は大切なことと分かっていても憂鬱になってしまいますよね。月経困難症といって、生理痛やその他の不快症状を伴う人も少なくありません。

そんな月経困難症の中でもちょっと気になる症状2つについてまとめました。ぜひチェックしてみてくださいね。


スポンサーリンク


冷や汗を伴う生理痛とは?

生理痛の痛み

生理痛といっても人によってさまざまで、軽い人もいれば動けないほど重い人もいます。中でも冷や汗を伴うほどの痛みを感じる人も結構いるみたいですよ。

生理痛はホルモンバランスの崩れからくるものです。毎月リセットされる子宮内膜は子宮を収縮させて剥がれ落ちます。この時にプロスタグランジンというホルモンが働き痛みが生じます。

ホルモンバランスが正常な場合は鎮痛剤も必要ない痛みで済むのですが、プロスタグランジンが過剰に分泌されてホルモンバランスが崩れると 子宮の収縮も過剰になってしまい、鎮痛剤が必要な痛みになります。

この痛みが激しくなると立っていることもつらく、吐き気やめまいといった症状の他に冷や汗といったものまで起きます。

ホルモンバランスはちょっとしたことでも崩れやすいので、普段は痛みがない人でも全く月経困難症にならないという保証はありません

冷や汗が出るほどの生理痛を感じたら

生理痛の対処法

もし冷や汗が出るほどの生理痛になってしまったら、まずは安静にすることが大切です。おすすめの対処法をご紹介しますのでぜひ試してみてください。

・薬物療法
鎮痛剤は薬局やドラッグストアで購入出来ます。婦人科を受診すれば排卵に関係する女性ホルモンの働きを抑制する薬を処方してもらうことが出来ます。また、漢方薬がいい場合も処方してもらえますよ。漢方薬は効き目が弱く、長期的に経過観察する必要がありますので相談してみるといいですよ。 

・温める
体を温めることは生理痛を和らげる上で大切なことです。特に子宮を温めるようにしてみましょう。腹巻やカイロなどを使って血流改善に努めてください。 
・運動
生理痛が起きているときは出来ませんが、普段から骨盤周りの筋肉を使うようにしましょう。刺激することで骨盤周りの血流が良くなって生理痛の緩和に繋がります。 
・お風呂
体を温めることに繋がりますがお風呂に入るのも効果的です。足湯だけでも大丈夫です。下半身の血流を良くしてあげれば痛みが和らぎます。じんわりと汗がにじむまで行うといいですよ。 
・生活習慣の見直し
こちらも生理が来る前から取り組むものですが、生活習慣を見直してみるのは大切です。睡眠不足や野菜不足などはホルモンバランスの乱れに繋がります。生活習慣を正しくするように意識しましょう。 

痛みが酷い場合など婦人科を受診しましょう。日ごろから基礎体温を測っておくのもおすすめです。基礎体温は生理周期のバロメーターになります。

また子宮がん検診なども定期的に受けるようにしておくことも大切です。

 

スポンサーリンク


 

生理の時に下痢になるのはナゼ?

生理 下痢

生理の時になぜか下痢になることありませんか?「私ある!」と思った方。生理になると下痢になるという女性って実はとっても多いんですよ。しかも生理前は便秘がちというのもよくあるのだとか。ではなぜ生理になると下痢になるのでしょうか?

これは生理周期に伴う女性ホルモンの量が関係しています。生理周期で見ると排卵前後に黄体ホルモンの分泌が起きます。黄体ホルモンとは子宮収縮を抑える働きをし、腸の動きも鈍くなります。すると便秘がちになります。

次に生理が始まると黄体ホルモンが減少して便秘が解消されます。これだけならいいのですが、子宮を収縮させるプロスタグランジンというホルモンが今度は分泌され腸にも影響を及ぼします。これにより下痢になってしまいます。

また、生理中は情緒不安定になることも多く、ストレスなどから下痢になる場合もあるようです。

生理時の下痢の「予防」と「対策」

下痢の対策

生理中の下痢をなんとかしたい!そんな人のために予防と対策をご紹介しますね。毎月のことなので気になっている人は一度試してみましょう。

・体を冷やさない
とにかく体を冷やさないことです。洋服選びだけでなく、腹巻やカイロなどを使って子宮を温めるようにしましょう。 
・下痢になりやすい食品は控えよう
食品の中には下痢になりやすいものというのがあります。フルーツや豆類に含まれる糖分、刺激のある食べ物(辛いものなど)、コーヒー、冷たいものは下痢になりやすいとされます。生理前から少し控えるようにしたいですね。 
・食べすぎ
食べすぎは消化不良を起こしやすく下痢になる可能性があります。生理周期に限りませんが、食べすぎや早食いには注意しましょう。よく噛んでゆっくり食べるようにしてください。 
・下痢止め
最近は水なしで飲める下痢止めも販売されています。通勤通学中に急にお腹が痛くなったときの応急処置としてかばんに入れておくと安心ですよ。 

生理になるとお腹の調子が悪くなることはよく聞きますよね。こうやってみると女性ホルモンが少し崩れるだけで女性の体にはいろんな影響が出ることが分かります。

つらい生理痛を少しでも和らげるために、日々の生活習慣を一度見直してみるのも必要ですね。

スポンサーリンク




『nunonaの布ナプキン』

冷え性や生理痛でお悩みの方・妊活中や妊娠中~産後の方など全ての女性が大満足!